初等教育における外国語教育について

現在、日本でも初等教育における外国語教育は必修となり、小学校でも英語の授業が行われています。
私が小学生の頃は、月に一度程度、外国人の先生をALTとして招き、遊び感覚で英語に触れるというイメージでした。
本格的に単語や文法などを学び始めるのは中学校に入ってからです。
私は小学校のうちから外国語を教科の授業として取り入れたことは良いことだと考えます。
まず、私が小学生の時と比べ、国際社会の拡大が進んでいるからです。
日本に観光に来る外国人が年々増加傾向にあることはもちろん、2020年には東京オリンピックが開催されます。
ますますグローバル化が進んでいく時代だからこそ、変化に合わせて教育も変わる必要があると思います。
まだまだ発展途上とはいえ、外国語の授業は今の子どもたちの将来を考えても非常に有効であるものでしょう。
また、自分の経験として、現在日常で英語を使う機会はかなり増えています。
大学院で研究をしていますが、研究のための外国人の訪問や、英語論文の読解など、英語に触れる場面が多々あります。
そのような時に、もう少し早い段階で英語を身につけていたらまた違う学びを得られたのかとも思います。
近年開始された、初等教育における教科としての外国語教育は今後の日本にとって重要なコンテンツになるでしょう。