日本の英語教育の在り方と今後の教育

従来の日本の英語教育では中学校で英語を学びはじめて高校、大学へとより高度な文法事項を中心に学ぶようになっています。
しかし、近年は英語教育の見直しが行われていて、小学校から英語が必修科されるなど早いうちから英語を学ぶ環境を作るようになっています。
しかし、今の学校での英語教育は未だに文法中心に学ぶようになっていてテストや入試のためだけの英語になっています。
今後世界がますますグローバル化されていくので、テストや入試のためだけの英語を学ぶよりもビジネスシーンや日常的な会話として英語を学ぶ必要が出てきています。
このような今後のグローバル化を見越して、学校の英語教育から変えていく必要があります。
もちろん文法事項を学ぶことも非常に大切ですが、コミュニケーションとしての英語を学べるようにヒアリング力やスピーキング力を高められるようなカリキュラムや教材を今後の教育現場で使えるようにしっかり見直しをして実用的なものにしてほしいです。